본문

人性英材

グローバルサイバー大学は
‘弘益’の精神科‘人間’と‘地球’を共に抱える人才、‘人性英材’を養
成します.

人性英材とは?

‘人性人才’は今のこの時代が求める人才像です.

我が国は世界で最も熾烈な教育熱、一流大学、一流職業という成功や競争本位の教育によって1人当り国民所得は2万ドルを越え、世界10大経済富国にまで成長した. 食の問題はある程度の水準まで解消されたものの、貧富の格差はますます増える一方である.しかし、OECD国家の中で我が国の幸せ指数は世界最下位である. 青少年は入試地獄、学校暴力、イジメなどでお酒やタバコに触れる学生の比重が世界で最も高くそのように育った青年たち、会社員、主婦たち、老年たちまで幸せな生を営むのは易しくない.なお最近では性暴行、暴力、殺人などますます犯罪が深刻化している. これは人間性を無視した成功と経済本位の教育システムが作り出した副作用と言える.


政府はこのような教育と社会問題に対する解法を人性で捜している. 学校暴力、イジメに対する代案として人格教育を強化して義務化に出た. 学父兄の中でも我が教育で第一に望む点が人格教育の強化ということが分かっている.


教育の目的は人間の自我を実現することにある. 我が国の教育法にある教育の目的は広く世の中を潤す弘益人間を養成することにある. 昔から我が国は人柄、人格、礼儀、道徳、良心、思いやり、尊重など人性の価値を重視していたが、今はその価値をタブーにしている.


単なる生活の問題を越え、幸せの価値を追い求めて自我実現、人格完成を生の目標にする教育へと変貌しなければならない. このような社会を導いて行くためには正しい人性で価値を実現する‘人性英材’が必要だ.

教育は百年大計である. 教育が変われば人生が変わり、社会が変化する.

人格教育は単純に学校暴力とイジメなど、青少年教育問題の代案に限らず社会全般に対する人性の価値を重視する文化と社会教育システムでの適用が必要である.世の中は変化するが教育の価値は変わらない. 私たちには全人類が共感できる教育哲学である弘益思想があり、競争だけが横行する今の教育現場から脱する最後の解法である.教育が変われば個人の人生が変わり、社会まで変化する.人性英材養成はまさに大韓民国教育法に載っている‘弘益人間’を養成する教育であり、‘弘益’の精神と‘人間’と‘地球’を共に抱える人才を養成するのである.


グローバルサイバー大学は自分の価値発見と自我実現を成した人性人才養成を通じて社会発展に貢献し、さらには韓国の精神を世界に広げるグローバル人材養成を通じて教育理念である弘益人間養成を実現しようとする.